中國で実感、日本の調味料の獨自進化は“異?!?br /> (花園 祐:中國在住ジャーナリスト)

在中國的實感,日本調味料的“異?!豹氉赃M化
(花園佑:在中國居住的記者)

原創翻譯:龍騰網 http://www.gdsfy.cn 轉載請注明出處



筆者はかれこれ10年近く中國で生活していますが、海外で生活していると、日本に住んでいたらまず気が付かなかったであろう日本の意外な特徴に気づくことがあります。つい最近も、「日本って実は調味料が異常に豊富な國なのではないか?」という新たな事実に気が付きました。

上海的日式超市
筆者在中國生活了近10年,在海外生活,就會發現在日本時沒能發現的日本特色。比如說在最近我就發現了‘日本其實是一個調味料非常豐富的國家啊'的事實。

少なくとも中國と比較した限りでは、日本で市販されている調味料の種類はきわめて數が多くバラエティに富んでいます。

至少和中國相比,日本市場上賣的調味料種類非常多,種類豐富。

特に、料理にかけて使うソースやドレッシングといったテーブル調味料においては、ひょっとしたら世界屈指の水準にあるのではないかと思われるほどです。

特別是在料理上使用的醬汁和拌制色拉用的調料,水準簡直可以說是位于世界前茅了。
原創翻譯:龍騰網 http://www.gdsfy.cn 轉載請注明出處


そこで今回は、家庭で使われる日本の調味料がいかに豊富であるかについて、中國人の意見も交えながら見ていきたいと思います。

關于日本人家中使用的調料有多豐富的這一點,筆者這次我們將結合中國人的視角來論述。

■ 生野菜を食べない中國人

■不吃生蔬菜的中國人

その事実に気が付いたのは、筆者が上海市內のスーパーで何気なくサラダドレッシングの陳列棚を見ていた時です。商品のほぼすべてが外國メーカー製で、中國メーカー製のドレッシングがないのです。

發現日本人調料豐富這個事實,是筆者在上海市的超市中無意中看到沙拉調料的貨架時發現的。貨架上的沙拉調料幾乎所有都是外國制造的,沒有中國制造的調料。

それもそのはずと言うべきか、そもそも中國では生野菜を食べる習慣がありません。生野菜サラダを食べ始めたのはほんの最近で、それも沿岸部の大都市における一部の中國人だけです。

不過這也是十分正常的吧,原本中國就沒有生吃蔬菜的習慣。中國最近幾年才開始吃生沙拉,而且還僅限于沿海大城市的一部分中國人才會吃。

つまり需要がないので、サラダドレッシング分野に參入する中國の食品メーカーは存在しなかったというわけです。同じくマヨネーズも外國メーカー製品が主流となっています。

也就是說因為沒有需求,所以沒有中國的食品制造商加入沙拉調料行業。同樣蛋黃醬也是外國廠家占據生產主流。

■ 中國では黒酢が最もポピュラー

■在中國黑醋最受歡迎

サラダ用調味料に中國製品が少ないことに気が付いた筆者は、それなら他の調味料はどうだろうかと改めていくつかのスーパーを回ってみました。

筆者注意到中國很少有自產的沙拉用調味料,于是又去了幾家超市以觀察其他調味料的情況。

すると、日本のスーパーでは數多くの種類が売られているケチャップやマヨネーズが、ほんの數種類しか置いてありません。ウスターソースやパスタソースなどは全く置いていない店も珍しくありませんでした。もちろん日本人向けに日本食を取り扱うスーパーでは、これらの調味料は取り揃えられています。けれどもまだ中國では一般的な調味料としては扱われていないようです。

然后發現了在日本超市中種類十分之多的番茄醬和蛋黃醬,這里也只有幾種可供選擇。有的店完全沒有辣醬油和意大利面調味汁,但也并不是一件稀奇事。當然,在面向日本人售賣的日本料理超市里,這些調味料都有。但這些調料在中國還沒有被普遍使用。

では、中國の家庭では普段どのような調味料を使っているのか。知り合いの中國人に話を聞いたところ、黒酢が最もポピュラーだとのことでした。

那么,中國家庭平時使用什么樣的調味料呢?筆者問了一位中國朋友,他介紹說黑醋是最受歡迎的。

日本における調味料の王様といえば言わずと知れた醤油です。中國でも醤油は幅広く使われており、スーパーでも多くの種類の商品が並べられています(醤油は東アジアで広く使われている調味料で、その起源についてはさまざまな説があります)。ただ中國では、醤油の代わりに黒酢を用いる家庭が少なくありません。実際に、餃子や小籠包は黒酢につけて食べるのが普通です。筆者の感覚でも、中國では醤油より黒酢を使うことが多いようです。食卓に並ぶ調味料としては、黒酢がいちばんポピュラーなのではないでしょうか。

說起日本的調味料之王,不用說大家也都知道吧,那便是醬油。在中國醬油也被廣泛地使用,超市里也陳列著很多種類的醬油。(醬油是東亞內被廣泛使用的調味料,關于其起源目前有各種各樣的說法)但在中國,日常用黑醋代替醬油使用的家庭不在少數。實際上在中國有很多人吃餃子和小籠包時是蘸著黑醋吃的。以筆者的感受來說,在中國比起醬油,人們食用黑醋的情況確實更多。在擺在餐桌上的調味料中,黑醋是最受歡迎的。

このほか中國の食卓に置かれる調味料としては、日本でもおなじみの辣油(ラー油)が代表的です。しかし黒酢と辣油を除くと、出來上がった料理に使うテーブル調味料は、中國にはほとんどありません。

此外,另一種可以擺上餐桌的代表調味料是日本人也十分熟悉的辣油。但是除去黑醋和辣油,中國幾乎沒有可以用已經做好的菜肴的可以擺放上餐桌的調味料。

■ 本家を追い越す日本のマヨネーズ

■超越本家的日本蛋黃醬
原創翻譯:龍騰網 http://www.gdsfy.cn 轉載請注明出處


ただし料理を作る際には、臺所でさまざまな調味料が使われます。豆板醤やXO醤など中國獨自の調味料も少なくありません。日本と比べて少ないのは、先ほどから述べている通り、出された料理に直接かけて使うテーブル調味料です。

除了給成品菜肴添加味道的醬油和醋之外,人們在做菜的時候,也會使用到不少擺放在廚房的調味料。中國有不少類似豆瓣醬和XO醬等中國獨有的調味料。和日本相比,中國少的是如前文所說的直接澆交在成品菜肴上的調味料。

逆に日本は、テーブル調味料が異常に発達した國であるように思えます。
醤油ひとつ取っても甘口、薄口、濃口のみならず、刺身用から卵かけごはん用までと用途が細かく設定され、ラインナップが果てしなく広がっています。

相反,日本是一個餐桌調味料異常發達的國家
即使僅是一個醬油,不僅可以分為甜、淡、濃的醬油,還有從生魚片到生雞蛋蓋飯用的詳細劃分,種類可以無限劃分下去。

また西歐から伝わったケチャップやマヨネーズに関しても、日本メーカーがこれまで様々な料理用途に合わせて新商品を開発してきました。特に筆者が、神がかっている商品として絶賛したいのが「からしマヨネーズ」です。日本のマヨネーズは、発祥の地である歐州以上にその可能性を広げていると思います。ソースにしても、ウスターソース、中濃ソース、とんかつソース、お好み焼きソース???と実に種類が豊富です。

另外,關于從西歐傳來的番茄醬和蛋黃醬,日本制造商也依據各種各樣不同的料理用途開發出了新產品。其中筆者最想贊揚的神器是“芥末蛋黃醬”。筆者覺得日本的蛋黃醬種類比作為蛋黃醬發祥地的歐洲更有擴大的可能。另外日本就連醬汁,也有伍斯特醬、中濃醬、炸豬排醬、御好燒醬汁……的區別,實在是種類豐富。

このほか今回記事を書くにあたって初めて気が付いたのですが、中國では、ごはんに使う「ふりかけ」に當たる調味料が存在しません。

除此之外,筆者在寫這篇報道時才第一次注意到,中國沒有可以撒在飯上的拌飯調味料(此處原文指的是類似于魚松、紫菜等可撒在米飯上的調味品)。

先ほどの中國人の知人に、中國にはふりかけがないのか聞いてみると、「おかずの合間に食べる白米にまで、どうして味をつけようとするの?」と逆に聞かれてしまいました。言われてみると、もっともな指摘です。日本人は何でもかんでも味付けするのが好きだから、これだけテーブル調味料が発達したのかなとも思いました。

我問了前文提到的中國朋友,為什么中國沒有拌飯調味料后,他反過來問我:“米飯就是為了中和菜的味道而吃的,為什么還要加調味料呢?”仔細想想,也確實是這么一回事啊。正是日本人喜歡吃什么都加調味料,所以餐桌調味料的體系才如此發達的吧。

■ 中國で高まるキユーピーの存在感

■在中國丘比的存在感日益高漲

中國で日本の調味料はどう受け止められているのでしょうか。いくつか中國メディアの記事を検索したところ、やはり「種類が非常に豊富である」と紹介している記事が見つかりました。中には「なんにでも醤油をかける文化が調味料の発達を促したのではないか」と分析している記事もありました。

在中國,人們是怎么看日本的調味料的呢?筆者搜索了幾篇中國媒體的報道,發現了一篇介紹‘日本調味料種類非常豐富’的文章。另外也有分析認為“正是日本有無論什么東西都愛加醬油的文化,所以才促進了調味料品種的發展”的報道。

中國人の知人たちにも「日本の調味料を使うことがあるか」「気に入っている日本の調味料は何か」と尋ねてみました。すると、柚子胡椒やからしソースなど、やたらマニアックな調味料ばかり挙げてきました。もうちょっと一般的なものはないのかと問い直したところ、「キユーピーのサラダドレッシングは中國でも認知されてきている」との答えが返ってきました。

筆者問中國朋友:“你用過日本的調味料嗎?”“喜歡的日本的調味料是什么?” 答案是柚子胡椒和芥末醬等,看樣子是十分熟知日本的調味料了,這些調味料的口味都十分的刁鉆,所以筆者又問了一次,知不知道更普通一點的調味料,然后,中國人朋友告訴我說:“丘比沙拉醬在中國也挺廣為人知的”。

前述した通り、中國ではこれまで生野菜を食べる習慣がなかったため、サラダドレッシング市場はほぼ存在しないに等しい狀態でした。しかし近年になって食の西洋化、並びに健康志向の後押しもあって、大都市限定ながら生野菜のサラダを食べる人が徐々に増えてきています。それに伴い、サラダドレッシングの消費量も増えてきました。

如前文所述,中國以前沒有吃生蔬菜的習慣,所以沙拉調料基本沒有市場。但是近年來,由于飲食西化以及健康意識的推動,大城市中生吃蔬菜沙拉的人在逐漸增加。與此同時,沙拉調料的消費量也增加了。

キユーピーは1993年に中國市場に進出しています。これまでの30年近くのマーケティングの努力もあってか、近年は中國人の間で「キユーピー」がマヨネーズ、サラダドレッシングの代表的ブランドとして認知されてきているようです。上海市內のスーパーでも実際にキユーピーの商品を見かける機會が多く、その商品陳列數も他の歐米ブランドより明らかに多く感じられます。

日本丘比調味料在1993年進入中國市場。也許是因為一直以來近30年的市場營銷的努力,近年來在中國人認同了“丘比”是蛋黃醬、沙拉醬的代表性品牌。在上海市內的超市也經常能看到丘比的商品,其商品售賣數量也明顯比其他歐美品牌的多。

そうした市況を反映してか、キユーピーの中國地域における2019年の売上高は前年比11%増、営業利益は同31%増(どちらも現地通貨ベース)という成長を遂げています。

丘比在市場上銷售的情況很好,他們在中國地區的2019年的銷售額比往年增加了11%,營業利潤比去年增加了31%(基于當地貨幣)。

日本はテーブル調味料を中心に多くの調味料が獨自かつ高度な進化を遂げており、國際的に高い競爭力を秘めている可能性があります。日本食と調味料をセットにして外國で食べてもらう機會を設けることは、大きな商機につながってくるのではないでしょうか。

花園 祐
日本以餐桌調料為首,有很多調味料都實現了獨自且高度的進化,在國際上可能有著很高的競爭力。將日本料理和調味品組合在一起,設法讓外國人嘗到,這將會我們帶來巨大的商機。
——花園佑