「最低限のマナーもない」「5萬人が非禮」國歌斉唱時の中國サポーターの振る舞いを韓國メディアが辛辣非難!失點後の“沈黙”には痛烈皮肉「図書館のようだった」【アジア大會】


"沒有最起碼的禮貌","五萬人不講禮貌"——韓國媒體嚴厲批評中國球迷在國歌奏唱時的行為!失球后的“沉默”被尖銳諷刺為“像在圖書館一樣”【亞運會】



「韓國の選手たちが耳を塞ぐほど勢いに満ちた姿だった」
中國サポーターの行動を韓國メディアが糾弾した。(C)Getty Images
 中國の杭州で開催されているアジア競技大會で、サッカー男子はベスト4が出揃った。
 日本にとって最大のライバルである韓國は、準々決勝でホスト國の中國と対戦。約5萬人の敵サポーターが詰めかける完全アウェーの雰囲気のなか、18分にホン?ヒョンソクのFKで先制點を挙げると、35分にもサイドアタックから最後はソン?ミンギュが流し込んで追加點。2-0で快勝を収めた。
 この一戦における中國ファンの振る舞いを糾弾したのが、韓國メディアの『OSEN』だ?!竾钄懦肖违蜘`イング。非禮な中國の5萬人の観衆を“図書館のような沈黙”に...」と見出しを打った記事を掲載?!冈嚭锨挨雾n國の心配の一つは観客だった。ホームの観衆の一方的な応援が韓國の若い選手たちに少なくない圧迫感を與えることもできたからだ」と切り出し、こう非難している。
「中國の観衆は、試合直前の儀式から韓國の選手たちを刺激した。國歌が響き渡り始めると、あちこちでブーイングと笑い聲が飛び出した。対戦相手に対する最低限のマナーさえ見せられなかった大會主催國らしくない姿だ」 
 そして「代わりに中國國歌が演奏されると、すべての観客が立ち上がり、大きな聲で一つになったように合唱した。試合前までスタジアムは韓國の選手たちが耳を塞ぐほど勢いに満ちた姿だった」と、會場の雰囲気を伝えている。
 同メディアは「18分にホン?ヒョンソクの幻想的な左足のシュートが中國のゴールネットに吸い込まれると、観衆席は冷たい水をかけたように応援の音が切れた。まるで観衆席には韓國の応援団だけがいるようだった」とシニカルに報道。ホン?ヒョンソクはそれを察したかのように指を口に持ってくる『チャック』のセレブレーションをして見せた」とし、こう続けた。
「35分、ソン?ミンギュが追加點奪取に成功すると、國歌中に出てきた騒音すら聞こえなくなった。ソン?ミンギュは耳の橫に両手を持ってきて、観客席に向かって『もっと叫んでみろ』と挑発する余裕まで見えた」
 記事の表現を借りれば、前半の2発で會場を“図書館のように”沈黙させた韓國。開催國を退け、準決勝ではウズベキスタンと対戦する。

“聲音震耳欲聾到韓國隊球員甚至不得不捂住耳朵?!?br /> 在正在舉行的亞洲競技大會中國杭州分賽區,男子足球賽已經進入了四強賽。
對日本來說最大的競爭對手國韓國,在1/4決賽中與東道主中國對戰。在這個大約五萬名對手球迷齊聚一堂的完全是客場的環境中,在比賽的第18分鐘韓國球員洪賢錫的任意球攻破了對方球門,在第35分鐘時宋旼奎推射空門得手,以2-0快速獲勝。
韓國媒體《OSEN》譴責了中國球迷在這場比賽中的行為。他們發表了一篇標題為“國歌奏響時發出噓聲的五萬無禮的中國觀眾陷入了‘身處圖書館一般的沉默’的文章。文章開頭提到:“比賽前,韓國隊擔心要素之一就是觀眾。主場觀眾的單方面支持可能會給年輕的韓國球員帶來不小的壓力?!?br /> “中國觀眾在從比賽開始前的儀式就刺激了韓國隊員。韓國國歌開始響起時,到處都響起了噓聲和笑聲。他們沒有表現出對對手最基本的禮貌,這不像是一個大會主辦國應該有的樣子?!?br /> “而當播放中國國歌時,所有觀眾都站起來、齊聲高唱。直到比賽前,體育場都彌漫著高昂的為中國隊加油氛圍,以至于韓國球員甚至不得不捂住耳朵?!?br /> 該媒體還表示:“在第18分鐘,洪亨錫用他奇跡般的左腳射門破入了中國球門,此時,看臺上的歡呼聲就像潑了一盆冷水。就好像看臺上只有韓國的支持者一樣。洪賢錫似乎也察覺到這一點,他把手指放在嘴前做出‘閉嘴’的慶祝動作?!?br /> “在第35分鐘,宋旼奎成功取得追加點時,此時甚至連喧嘩聲都小得被淹沒在國歌聲中了。宋旼奎用雙手舉到耳朵處,有余裕地像是在對看臺挑釁地表示:'你們可以大聲一點。'”
如果要借用韓國報道的表現形式來總結此事的話,那便是韓國隊在上半場的兩個進球將現場變得"如同圖書館一般安靜",韓國隊成功擊敗東道主國,將在半決賽中對戰烏茲別克斯坦。